マンションリノベーションをする中古物件の選び方

マンションリノベーションをする中古物件の選び方

近年ではリノベーションを前提として中古マンションを購入する人が増えてきていますが、物件を探す際はリノベーションの工事内容を検討するのと同時進行で進めていくのがおすすめです。
というのも、自分がどんな風に間取りやデザインを変更したいかによって、物件の選び方が変わってくるからです。
マンションリノベーションにおける最近のトレンドとしては、ダイニングキッチンとその隣室の間の壁を取り払い、広いLDKを実現するというのがあります。
この場合、その壁が単なる仕切り壁であれば問題ないのですが、建物自体を支えている構造壁であれば取り払うことができません。
このように、物件選びの際には希望する工事が実現可能な構造になっているかどうかをチェックすることが重要です。
水回りの変更も人気の高いマンションリノベーションの1つですが、ここでも配管を移動できるだけのスペースが床下にあるかどうかがポイントになります。
床をかさ上げしてスペースを新たに作るという手法もありますが、その分だけ天井高が低くなるのでその点も考慮します。
また、構造上は工事が可能でも管理規約において工事内容が制限が設けられている場合があります。
そのため、規約の内容確認も重要です。

建築工法によりマンションリノベーションに制限がある

マンションリノベーションを検討する際、マンションの建築工法により工事の内容が異なるため、事前に確認しておくことは重要です。
実は複数の種類が存在しているため、すべて同一ではありません。
一般的な物の場合、住居を支えるための柱が住む空間に張り出しているタイプです。
そのため、住んでいる人は不便に感じていることも多いといいます。
強度や耐震性に関しては問題各手も間取りや空間の広さを実感することは難しいです。
それ以外の場合ラーメン構造と呼ばれるタイプがあります。
長方形を梁や柱を使って作っていくタイプで、柱を張り出さずに済むから室内の空間が広々としていることも多いです。
アウトフレーム・逆梁アウトフレームと分かれており、アウトフレームはベランダ部分に柱などがある物、逆梁はバルコニーの外側に出した方法となります。
壁式構造の場合、建物を面で支えるため柱は存在していません。
4枚の壁で住まいを支えます。
室内がすっきりすることは事実ですが、マンションリノベーションで間取りの変更をしづらいため、工事をするときには慎重に判断しなければなりません。

著者:三原隆雄

筆者プロフィール

福岡県北九州市生まれ。
リノベーションの会社でデザイナーとして活躍。
リノベーションの基本情報をネットで発信しています。