マンションを理想の住まいに大変身!マンションリノベーションで知っておきたい情報を解説

マンションリノベーションを希望する方が増えていますし、そういった物件を購入したいという事で中古物件を探している方も増えています。
理想の住まいにするためには、設計から考えていく必要がありますし信頼できるハウスメーカーを探すことから始めていきましょう。
口コミ評判であったり、実際にどういった実績があるのかを見てから決めると良いです。
その会社が行ったリノベーション物件の見学が出来るようであれば、見学からスタートです。

マンションを理想の住まいに大変身!マンションリノベーションで知っておきたい情報を解説

マンションリノベーションの需要はかなり高くなっています。
中古の物件であっても、マンションリノベーションをする事によって内装はかなり変わっていきますし、理想の住まいにする事も出来ます。
家族の人数が増えたり、お子さんが素だったりという事で間取自体を変えたいという時でも、大掛かりなリノベーションを行う事で理想の住まいにする事が可能です。
設計など1から対応してくれる工務店やハウスメーカーを探すことが、先決です。

マンションリノベーションができるのは専有部分のみ

マンションリノベーションでは、中古マンションを改修して自分好みの住空間を実現することができます。
いわゆるスケルトン状態にしてから改めて工事をすれば、間取りなどもかなり自由に変更できます。
ただ、マンションは複数の居住者が1つの建物に集まって暮らしているという特性上、戸建て住宅と違って工事には一定の制約がかかります。
最も重要なポイントとなるのは、共有部分には変更を加えることができないということです。
マンションは外壁や共用廊下などの共有部分と、各住戸内の内壁や床、キッチン設備などの専有部分から構成されています。
このうちマンションリノベーションが可能なのは、後者の専有部分のみです。
共有部分はそのマンションにおける全てのオーナーが共同で所有しているため、勝手に工事することができません。
ですから、たとえばエアコンの位置を変えるために外壁に穴を開けたりすることはできないようになっています。
また、バルコニーも共有部分に当たるため、たとえ普段は自分たちだけで使っている部分であっても勝手に手すりを取り替えたりすることはできないので注意が必要です。

マンションリノベーションの前に管理規約を要確認

近年では、中古マンションを購入し、リノベーションを施したうえで快適に暮らすという生活スタイルが人気を集めています。
画一的な間取りが多い昔のマンションでも、リノベーションによって個性を表現したり、家族構成に合わせた暮らしやすさを追求できるという点が人気の理由となっています。
ただ、マンションリノベーションには一戸建てとは違い、集合住宅ならではの制約が存在します。
工事を行う際は、その点に注意が必要です。
マンションリノベーションの際にまず確認すべきなのは、そのマンションの管理規約です。
管理規約には住人がコミュニティを円滑に維持するうえで守るべき事項が定められています。
リノベーションに関しては大きく分けて2つあり、1つは工事の内容です。
近隣への騒音対策として使用する壁材や床材の防音性能が指定されていたり、配管の関係で水回りの移動に制限が設けられていたりします。
もう1つは、工事の進め方です。
事前に隣室の住人から承諾書の交付を受ける、工事内容を書面で管理組合に提出するなどの規定が設けられているケースが多く、工事時間が指定されていることもあります。

マンションリノベーションを始めるなら管理組合に工事申請書を提出

現在多くの人達がマンションに暮らしています。
マンションは、多くの場合において都心部にあり交通や買い物などに便利であるという特徴を持ちます。
このようなことから、現在でも数多くのマンションが海の近くで建設されています。
大変耐久性もある建物ですので、長期間の居住というものが可能となってきます。
木造住宅と比べると2倍から3倍の耐久年数があることが知られています。
ただ時間がたつと、内装などについては劣化が著しくなってきます。
そのようなことから、ある時期に修繕を行うということがなされます。
このような修繕とは別に、マンションの部屋の中の間取りなどを変えたいということも生じてきます。
そのような際に行われるのがマンションリノベーションです。
マンションリノベーションと修繕との違いは、後者においては現在の建物などの間取りなども変えることはなく小規模なもので、前者では間取りや構造などを変えるという大規模なものになってきます。
共用部分などの問題もありますので、管理組合に工事申請書の提出が必要です。

全面スケルトンのマンションリノベーションには竣工図が必要

マンションリノベーションの中でも近年注目を集めているのが、全面スケルトンによる方法です。
これは骨組みだけをに残して壁や床などを全て新しいものに変えると言う方法であり、また間取りなども現代風に変更することができることから、築年数の古いマンションなどではよく行われている方法です。
全面スケルトンのマンションリノベーションで注意しなければならない事は、工事を行う前に様々な配管等を事前に確認しておくことで、そのためには竣工図が必要となります。
部分的なリノベーションである場合には必要としないことも多いのですが、全面スケルトンの場合にはすべての部分を新しく作り替える形になるため、その配管や空調設備などの機能を妨げないようにしなければなりません。
またこの竣工図によって工事の制限を受けてしまうこともあるため、事前にその内容を確認し、適切に行うことが重要なポイントとなっています。
全面スケルトンのマンションリノベーションは、新築の内装工事を行う場合とほぼ同等の作業が発生するため、この点を踏まえて事前に資料の手配を行っておくことが効率よく進める秘訣です。

著者:三原隆雄

筆者プロフィール

福岡県北九州市生まれ。
リノベーションの会社でデザイナーとして活躍。
リノベーションの基本情報をネットで発信しています。
福岡 マンションリノベーション